税理士のお仕事
相続対策ポイント
確定申告と贈与税
税務・経営コンサル
税金の還付請求とは
セカンドオピニオン
ワンストップサービス

確定申告について

  毎年1月〜12月までの取引記録に応じて、翌年の2月16日〜3月15日までに所得税の
  申告手続きが必要となります。下記は一部例として掲載。
 給与所得の確定申告
  @複数の勤務先から給与を受け取っている人
A給与収入が2,000万円を超える人
 配当所得の確定申告
  @株式等の配当金を受け取っている方 
  →上場株(任意)
    非上場株 年間の配当金が10万円を超した場合
A株式の譲渡損失がある方が、配当金を受け取っている場合
 不動産所得の確定申告
  アパートやマンションなど、不動産収入がある方。
 事業所得の確定申告
  個人事業を行っている方
※SOHOで個人事業を行っている方も確定申告が必要です。
 譲渡所得の確定申告
  @不動産を売却した場合
Aゴルフ会員権や金などの資産を売却した場合
 一時所得の確定申告
  @保険の満期金を受け取った場合
 雑所得の確定申告
  @年金を受け取っている人。
A貸付金の利息を受け取っている人 
 所得控除(確定申告時、所得から差し引くため、税金を少なくできる)
  @病院の領収書など、一定金額以上の医療費がかかった場合
A生命保険料を支払った場合
B寄付金を支払った場合など
 税額控除
  @寄付金を支払った場合
A住宅ローンがある場合
 確定申告の必要が無い人
  @企業において、年末調整による精算が済んでいる人
A収入があっても、必要経費を差し引くと基礎控除以下となる人
メールでのお問い合わせ