税理士のお仕事
相続対策ポイント
確定申告と贈与税
税務・経営コンサル
税金の還付請求とは
セカンドオピニオン
ワンストップサービス

相続税還付請求 契約の流れ

1. 過去に提出した相続税の書類一式をお預かりいたします。
  相続税納税後、過去5年以内となります。
法定申告期限相続開始後10ヶ月)から5年以内に行う『更正の請求』となります。
更正の請求は、納税者にとって当然の権利です。
多くの土地をお持ちの地主の皆様に、納税後の見直しをお勧めします。
   
2. 申告内容が適正か否かの確認をします。
  還付請求にあたるかどうか納税時の書類を確認させて頂きます。相続税を多く納め過ぎているお客様は、一般的に土地を多く所有している方です。 税務的な知識だけでは不十分で、不動産・土地評価に精通していない専門家に依頼してしまうと、大抵の場合その評価額は高くなり、結果として納税額も増えてしまっているのが現状です。
   
3. 減額の可能性がある場合には、その内容についてのご報告します。
  還付金があると認められた場合のみ、相続税の還付金請求をおすすめしています。
※還付が認められない場合は、この時点で終了で費用の発生ありません。
   
4. 減額が受けられる方のみ、正式にご依頼を受けます。
  正式にご依頼を受けしだい、還付請求に必要な書類作成をし、税務署へ提出します。
   
5. 税務署との交渉を行い、状況を報告いたします。
  当事務所がお客様の代理人になり税金の還付請求を税務署に行いますので、お客様のめんどうな手続は一切不要です。
   
6. 税務署等より、更正通知がお客様へ届けられます。
  還付請求が税務署等に認められますと、税金がお客様の口座に還付されます。
   
7. 還付金に応じて、ご請求となります。
  還付請求は、法律でも認められている権利です。大いに活用しましょう。

※相続税還付の報酬について
上記3.の、業務までは無料です。
具体的な手続きに入り、所轄税務署より相続税の還付が認められた場合に限り、還付金の10%〜20%(業務の難易度により)の範囲内にて報酬が発生します。
  相続税 還付請求の事例はこちら
   
メールでのお問い合わせ