税理士のお仕事
相続対策ポイント
確定申告と贈与税
税務・経営コンサル
税金の還付請求とは
セカンドオピニオン
ワンストップサービス

相続税の基礎知識

1. 相続税とは
  亡くなられた方の遺産を相続したときに課税される税金です。
   お亡くなりになった人 = 被相続人
   財産を受け継ぐ人 = 相続人
   
  お亡くなりになった人(被相続人)の全て財産、土地・家屋も含めお金に換算出来るもの全てが、相続税の対象となります。
土地を有している場合は、土地評価を算出し財産評価されますので、税理士の評価によって相続税の額に大きな差が出ます
   
  企業税務と異なり相続税の申告は、税理士業務の中でも特殊な分野で、専門性が問われる為、この分野を得意とする税理士が意外と少ないのです。
   
 

ご依頼頂く相続税の還付請求の中で最も多いのが土地の評価ミスです。
相続税は財産評価に準じて増減しますので、評価が低ければ相続税も低くなり、高ければ相続税が高くなります。

  このように担当する税理士の評価の仕方で相続税が大幅に変わってくるのが相続税です。
   
  では、何故評価に差が出るのでしょうか?
  それは、土地評価がとても難しいからです。それだけに知識と豊富な経験の差で、相続税に差が出てくるのです。
   
 

土地評価は、毎年7月頃に公表される「財産評価基準書(路線価図・倍率表)」で評価します。
一概に「敷地面積×路線価」だけではなく、色々な側面から評価することになりより多くの知識と経験が必要な、特殊な業務となります。

◆下記は国税庁の財産評価基準です。
  トップページより、各都道府県を選択し、各関係ページがご覧いただけます。
   http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h25/
◆土地家屋の評価(国税庁)「平成25年4月1日現在法令等」
  hhttp://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm
◆財産評価基本通達(国税庁)
  http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sisan/hyoka/01.htm

所在地により路線価がある地域は路線価で、そうでない地域は固定資産税の評価額に倍率を掛けたり比準するなどして評価しますが、一概にそれだけでは有りません。

「土地の場所」・「土地の形」・「配偶者の有無」・「相続人の同居状況や年数」等、色々な条件と照らし合わせる必要が有ります。また、240平方メートルまでの自宅土地の評価が8割引になる特例が適用されるか等、皆さまの環境に応じて一概にこのページでご説明する事が難しいのが現実です。

   
  相続税の知識を経験豊富な税理士と巡り合うことが最大のポイントです。
  色々悩む前に一度、相続税の試算をすることをお薦めいたします。
メールでのお問い合わせ