税理士のお仕事
相続対策ポイント
確定申告と贈与税
税務・経営コンサル
税金の還付請求とは
セカンドオピニオン
ワンストップサービス

贈与税について

 贈与税とは
 

贈与税とは、個人(贈与者)の財産をもらった個人(受贈者)に対して、かかる税金です。(会社から財産を引き継いだ場合は、所得税がかかります。)財産には現金や預金以外、土地や建物・車などが含まれます。また、借金を免除された場合も対象になります。

贈与税の課税方法、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2通りあります。

 贈与税 暦年課税制度とは
  毎年1月〜12月までに、110万円を超える贈与を受けた方は、翌年の2月1日〜3月15日までに、贈与税の申告手続きを行い、贈与税の納付が義務付けられています。

但し、暦年課税では、1人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残額に課税されます。(1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。贈与税の申告も不要です。)
 贈与税 相続時精算課税制度とは
  相続時精算課税制度の目的は、ひとつ(一人)の財産に対して、贈与税と相続税を別々に処理しないで、まとめて納税処理をする方法です。
但し、贈与者(個人)は、65歳以上の親。 受贈者(個人)は20歳以上の子である推定相続人であることが条件。
メールでのお問い合わせ